/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

只管打坐という言葉がある。*読み方は”しかんたざ”

只管とは、”ただひたすら”という意味であり、打坐は”坐禅すること”と意味している。
曹洞宗の祖、道元がいう坐禅の在り方。

「形が心を作る」

雑念を払い、只ひたすら坐禅をする真っ直ぐな姿勢が、真っ直ぐな心を作るという。
つまり、真っ直ぐに繰り返す事が重要であると説いている。


私は写真もそうだと思う。
意味はなくても、日々ひたすら撮り続ける。それを、自分自身のストリートスナップでのテーマとしている。今回はそれを言語化するにあたり、「只管打写」と文字り、名付けてみた。

只管打写をすることで、自分が感じ取る「何か」を探している。
「何か」の解釈は人それぞれであり、「何か」に正解はない。無論、自分にも分からない。

けど、「何か」を感じられるような写真は撮りたいと日々撮っている。

*決して仏教(曹洞宗)を勧めているわけではございません。悪しからず。
______________________________
ここでは、日常の撮り溜めた写真のいくつかをお見せしております。
あなたが思う「何か」を感じて頂ければ幸いです。






/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
何気ない普通の写真ですが、そこから何かを感じ取っていただいたら嬉しいです。
それでは、どうぞご覧ください。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

*写真の無断転載・無断使用を固く禁じます。Unauthorized duplication is a violation of applicable laws.

*写真をクリック(タップ)すると拡大して表示できます。